FC2ブログ

Home > トマトのこと。 > “割れる”について。

“割れる”について。

091113 nureru
今日も雨。


雨が降ると、トマトも結露でびしょびしょになるので

一応、ある程度乾かしてから出荷します。


箱をずらし重ねて、扇風機『強』で。

濡れたままだと、輸送中に「カビが生えた。」なんてことになるかもしれないですしね。


それにしても、天気が悪い。

そして、トマトがたくさん割れております。

トマト農家の宿命ともいえる裂果(←トマトが割れることね。)


雨が降ると、トマトが割れる。


そうなのです。雨が降るとトマトが割れる。

だけれども、


「雨が降ったから、トマトが割れちゃいました。」

じゃ済まされないわけね。


当然、売上げは下がります。

そして取引先に迷惑をかけます。

収穫時、パートさんのストレスにもなるし

選別にだって時間がかかる。

病害虫だって誘発するかも。


とまぁ、最悪です。

とはいえ、割れちゃうものは割れちゃうわけですが・・・。


大事なのは、なぜ割れたかってことを真剣に考えること。

なぜ、雨が降るとトマトが割れるのか?ってことをしっかりと考えれなければ

いつまでたっても裂果は減らない。


「トマトがすごく割れるから、水やりは少なめにしておこう。」なんてね

トマトが割れる原因が、水のやり過ぎによるものならば、有効な処方ですが

そうでない場合、作物の栄養状態がまるまる悪化してしまうケースもあるわけです。


裂果を誘発する原因は多々ありまして


・果実肥大期に浴びた日射量

・気圧の変化

・温度の変化

・湿度の変化

・土壌の水分状態

・土壌温度

・気孔の開閉能力

・果実の細胞数

・果実のシンクとしての能力

・細胞壁の固さ

・施肥バランス

etc・・・


と、挙げればまだまだきりがないほどあります。


またそれぞれに、さらに細分化されたファクターがあったりして

それらが複合的に絡み合うものだから


もうワケわかんない(涙)



しかしながら、やっぱりひとつひとつちゃんと考えてくことが

成功への一番の近道だと思うわけです。


ひとつひとつ、確実に積上げてきたものは

血となり、肉となり、骨となり

己を形成する一部となるわけで


それが、技術ってもんでしょ。

体力は落ちても、技術力は落ちないからね。


さて、窓の外はざんざん雨降りですが

もうちょっと仕事進めとくべ。




 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.gif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪






スポンサーサイト



Comments:10

ほりほり URL 2009-11-14 (土) 13:08

 最近、ローヒーさんのブログにはまっていまして、毎晩の更新を楽しみに待っています。

雨は、落ち着きましたか?

こちらは、少し晴れ間が見えます。

 最近、トマトを見かけるとやたらと注目してしまいます。

ナターシャですか?  送ってもらうにはどうしたらよろしいでしょうか?

ねこらく URL 2009-11-14 (土) 13:25

お邪魔しま~す。
ローヒー。さんのトマトほんとうに美味しそう。
お仕事もブログも応援しています!

もりたけ URL 2009-11-14 (土) 13:47

積み上げる事”大事な事ですねえ。

それは、データもそうだけど実際に手で触って感じた物も大いにあると。

感じて。悩んで。現場見て。例え形変われどずっと現場サイドの人間でありたい。

と思います。

ねこらく URL 2009-11-14 (土) 16:52

こんにちは。 ねこらく堂のねこらくです。
ローヒー。さんのブログ、リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

るいねこ URL 2009-11-14 (土) 19:53

こんばんは、ローヒーさん。
ねこらくさんと相互リンクさせていただいた、るいねこと申します。
トマト大好きです(*^_^*)

七五三の写真、ハゲてないですよ。
イケメンですよ。

時々おじゃまします。
よろしくお願いいたします。

ローヒー。 URL 2009-11-14 (土) 22:45

ほりほりさん。

マイぶろぐ、贔屓にしてくださってありがとうございます。
こちら今日は晴れてまして、しこたま汗を流しておりました。
益田、オイラも帰ったときはスーパーを回って
キヌヤあたり、はいりこむ隙を狙っております。
そう、うちのトマト品種はナターシャ。
日本でウチしか作ってないというスペシャルトマトです。
あ、後でほりほりさんにメールしときます。

ローヒー。 URL 2009-11-14 (土) 22:51

ねこらくさん。

これはこれは、リンク光栄でございます。
そして応援ありがとうございます。
こちらこそ、ねこらく堂ブログ楽しみに拝見させていただきますね。
トマト、いつかねこらくさんのお住まいの地域にも
登場できるようハゲみます。
あっ、今ハゲって・・・。

ローヒー。 URL 2009-11-14 (土) 23:10

モリタケ。

オイラも、いくらデータ化して解析したからと言って
やはり頼るところは日々の感覚になります。
あぐらをかかず、真摯に向き合う姿勢を
お互いいつまでも持ち続けようね。


ローヒー。 URL 2009-11-14 (土) 23:18

るいねこさん。

はじめまして。コメントありがとうございます。
七五三の写真ハゲてないようで
ベリンとめくれますからね。前髪がベリンと。
こちらこそ、るいねこさんのブログちょくちょく覗きにまいります。
今後とも宜しくお願い致します。

awajinosimasaien URL 2010-03-22 (月) 13:09

列果対策は、品種を変えましょう。
味を犠牲にして。。。。

ミニトマトで皮が軟らかくて割れない品種なんて、
栽培どうこうでなんとかなるもんじゃなくない?

えらい法人の社長さんがゆうてたで。
農業経営を突きつめると、
結局栽培に行きつくって。
資材費、人件費、そのたもろもろ、
ぜーーんぶ栽培の上になりたつんやから。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://piropupi.blog17.fc2.com/tb.php/612-0dab403a
Listed below are links to weblogs that reference
“割れる”について。 from オイラの赤い青春

Home > トマトのこと。 > “割れる”について。

Page Top