Home > スポンサー広告 > メジカ新子セレナーデ2016

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://piropupi.blog17.fc2.com/tb.php/1641-1fa85298
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from オイラの赤い青春

Home > スポンサー広告 > メジカ新子セレナーデ2016

Home > ランチ > メジカ新子セレナーデ2016

メジカ新子セレナーデ2016


いやー新子。

メジカの新子さまを食べに


こないだの水曜日

いってきましたよ。


久礼の大正町市場へと

ひとり旅。






うひひ。新子。

伸身宙返りで暖簾をくぐれる。

新子のためならば。


ちなみに、大畑は

メジカの新子さまを食するに限り


刺身に添えてある大根などのツマは

全て別皿へのけます。






そして、仏手柑をこれでもかと

絞りかけるのですが


その際

果皮を下にして

果汁を果皮につたわせながら

絞りかけてゆく。


弾けた油胞の香味を

余すことなくドリップできるのです。


そして醤油を回す。






くふーーーーー。


うまそう。ていうか

うまい。ほんとーに。なんなんだメジカ新子!


メジカの新子の美味しさは

たびたびその食感に

スポットがあたりがちなのだけど


大畑的には

仏手柑と新子と醤油のマリアージュ。


これがいささか信じられないレベルで

舌という舌を昇天させる。


その昇天を

さらに別世界へと誘うために

ごはんが存在するのです。






新子を食べたのち

お皿に残った、

仏手柑+醤油+メジカ新子の昇天汁を

炊きたてのごはんにかけるのです。


その昇天エキスを奪われたくないので

最初に大根をのけるのです。


ごはんから立ちのぼる香気に

仏手柑、醤油、新子の香りが溶けて

ほんと、しあわせな気持ちになる。


んで、混ぜるのね。

うるち米が、もち米になるんじゃないか

ってほど、混ぜる混ぜる混ぜるのです。

ほんとに。


そんでね、そんで

それを食べてみて。


まーーーーーーーーーーーーー

おいしい。

三年後までおいしいなーこれーーー

ってなる。


でで、最後に別皿に寄せてあった

お大根で、お皿に残った昇天汁を

きれいに絡めて食べるのです。


この一連の所作を

大畑は

一点の曇りもなく

なめらかに行なえます。


ごはん混ぜるところなんて

お行儀的にどうなんだ、


なんて声も

あるかもしんないけれど


潮汁は、片手でお椀の底だけを持って

すすらなければなりません。と

岸朝子さんが言ってたのと

同じようなこと。


大畑的、メジカ新子的に

必須の工程を


今年のメジカ新子セレナーデにで

ご紹介させていただきました。



かしこ

















スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://piropupi.blog17.fc2.com/tb.php/1641-1fa85298
Listed below are links to weblogs that reference
メジカ新子セレナーデ2016 from オイラの赤い青春

Home > ランチ > メジカ新子セレナーデ2016

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。