Home > ひとりごと > いざ品評会へ。

いざ品評会へ。

110407 品評会。

昨日、ミニトマトの品評会に向け

清流トマトを送り出しました。


事務局が東京なので、今日中に着くか心配やったんですけど

無事に到着したようです。良かった。


まぎれもなく、農園史上最高傑作ですから。


今回、もしも結果が伴わなければ

まだまだ山頂は高いってことで、それはそれで燃えますし

もしも、結果がついてくればね

そりゃもう、いうことなしですわ。



品評会用のトマトを送り出すにあたり

トマトそのものの品質は、特別に変えようもないので

せめて当日のコンディションだけでも、最高の状態にと思い

収穫の時間帯など、そのあたり異常に気を遣いました。


最後にパートちゃんたちと、柔らかく柔らかくトマトを磨いて

拍手ふたつ。


「パンっ!パンっ!とったらんかーい!!!」と

祈願し、送り出したのであります。


明日、明後日の二日間

東京、名古屋、大阪にて審査。


結果は、四月末頃に。



 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪



スポンサーサイト

Comments:8

マスオ URL 2011-04-08 (金) 19:44

出るからには、もちろんグランプリでしょ!?


トロフィーをちゃんと農園に飾ってね。
楽しみにしてます。


素材だけでなく、何か加工品を提案してもいい頃では・・・

ローヒー。 URL 2011-04-09 (土) 00:30

マスオさん。

さっきちらっと、審査風景twitterで見たけど
見てるだけで胃が痛いね(笑)
で、加工品あるやん。誰も真似できない、
トマト大福「なたりぃ」が。食べた?
自分とこで加工品作る気は、今のところないですね。
うちみたいな、しがない農園は
在庫抱えて、苦労するのがオチです。
つづきは夜のお街で話しましょう(笑)




ベジコ URL 2011-04-10 (日) 02:03

清流トマト、目指せ、てっぺん!

健闘を心よりお祈りしています。

ドキドキ、ワクワク、息子の受験発表結果待ちのような気分です。
きっと、いえ、ぜったい、いいとこ行きます。行けますって!!!
朗報、楽しみにしています。

テラス URL 2011-04-10 (日) 14:14

てっぺん、すなわちサミットですね。発表は4月末、東京のトマトサミットも4月末、そうなると準備が
必要ですね。受賞、グランドスラム、日本一、NO.1どんなタイトルにしましょうか、ほんと楽しみです。

ローヒー。 URL 2011-04-10 (日) 22:27

ベジコさん。

ありがとうございます。
そうですよね。そうなんですよ。
受験発表以来ですよ。こんなに緊張してんのは。
ふえーん、胃が痛いよーう(笑)

ローヒー。 URL 2011-04-10 (日) 22:31

テラスさん。

ありがとうございます。
20日までには連絡があるようですので
わかり次第お知らせいたしますね。
タイトルはもちろん「日本一!」で!!!(笑)

AIママ URL 2011-04-11 (月) 21:00

地震の騒動からこっち、ブログをチェックすることもなく
日曜日に行われたトマトの即売会も機会を失い(泣)
ずっとテンション下がってましたが、いつまでも下を
向いてちゃダメですよね。。。

肝臓の腕枕の日、八百正さんにてナターシャを購入し、
なたりぃも白黒予約してました。もう少し遅い時間だったら
お会い出来たのかも?

山と海を両方買って食べ比べ。同じナターシャでも味が違う
ってことにAIと2人で感動しました!!

品評会、結果が出るまで長いですけど、きっと良い結果です!!
発表楽しみにしています♪

ローヒー。 URL 2011-04-12 (火) 00:22

AIママさん。

肝臓の腕枕の日、って・・・(笑)
そうでしたか、あの日お買い求め下さったのですね
ありがとうございます。たまに夕方納品に寄ったりしてますので
ローヒーも探してみてください(笑)
そうなんですよね、山と海で味が異なるんですよ。
環境によってこうも違ってくるあたり
やはり農業って自然には逆らえんなぁ、と改めて思う次第です。
品評会、結果が出ましたら報告させていただきますね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://piropupi.blog17.fc2.com/tb.php/1091-acde841f
Listed below are links to weblogs that reference
いざ品評会へ。 from オイラの赤い青春

Home > ひとりごと > いざ品評会へ。

Page Top