Home > 2013年03月

2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

釜揚げしょうゆの旨さったらないね。

130328うどん。


釜揚げしょうゆ。


しまだ製麺所、高須にも出来てたんですね。

こないだの日曜日いってました。


しまだ製麺所、高知で最も好きなうどん屋さんなのですが

ここの釜揚げしょうゆ、倒れてしまいそうなほどに美味しい。


たまらんです。


さて、今日も夜な夜な事務所におります。

日中はできるだけ作業を進めたいので

事務的なことはすべて夜の部に。


今はひとり、手入れの送れたラフの作業に励んでおりますが

全然進まん。二倍速くらいで動いても全然あきません。


パートちゃんは、メインのキャロルでそれどころではないので

自分でやんなきゃいけないんですけど、もうほんまに困ったな、、、。





こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪


思えば高知に来てからもう17年目に突入するんだなぁ。

130326益田
【高津川に掛かる赤鉄橋】


ちょうど16年前の今日あたり

大学進学のため高知にやってまいりました。


この春から17年目。

高校時代からハゲるハゲるといわれてた割りに

まだまだそこそこ残ってるんです。


いいえ、そんなことは置いといて

思いのほか月日って、経ってるんだなぁ。


高知で幸せな家庭を持ち

素晴らしい仲間にも巡り合えてはいるものの

後ろ髪ひかれる想いは、やっぱりどこかにあったりして。



130326なかま。
【ふるさとの友人たち】


トマトサミット1日目を終え

疲労困憊していたとき

故郷から送られてきた、FBの一枚の写真。

さすがに涙がこぼれました。


自分のなかには、親友っていうくくりは無くて

友達は分け隔てなく、みんな友達だと思ってるんですが

いいよね、友達って。



ま、センチメンタルはそこそこに

17年目の高知生活が、いよいよはじまるわけですが

いいかげん、釣りをはじめたいなーって

思ってるんです。ほんとに。


高知に来てから、竿を振ったのなんて

桂浜水族館にある、小さな釣堀くらいのもんなので

今年こそは大海原へずどーーんと放り込みたいですよね。


びっくりするほど初心者ですけど

誰かいっしょに釣りいきましょうよーー。




こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

先週末はトマトサミットの打ち上げでしたき。

130325ラフレガロ。


ここんとこ、昼ごはんもろくに食べれないので

仕事帰りにトマトを食べるのが、ひとつの楽しみなわけでして。


さてさて、先週の土曜日は

トマトサミットの打ち上げでございました。

毎年のことながら、写真を撮る間もないほど盛り上がったわけで


3次会ではうかつにも眠ってしまい

パプリカの椅子に頭をぶつけて目覚め

お開きとなったのち、ねむいーねむいーといいつつ

徳島ラーメンをすすって帰ったわけですが

あー楽しかったな。


バカな話もたくさんしたけど

生産のベースとなる、技術的な発展について

そして、経営的なことなどなどなど

これからのこと、たくさん話せてほんとに良かった。


トマトサミットみたいな取り組みって

ほかの品目でも、どんどんやっていくべきだと思うんですよね。

行政が、、、園芸連が、、、とか言ってる間に

未来ってどんどん変わっていくんだと思います。


いろんな方のご協力あってのものですが

生産者主導のドライブ感って、すごいんだから。


さぁ、トマトサミットはいよいよ次なるステージへ。

ぶっちぎりにサミット(頂上)目指していきまっせーーーーい。






こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪





ラフ様。

130322ラフ。


どこか裕福な国の貴族あたりが

公式な式典で羽織る、原色にまみれた


分厚いジャケットの、全面に3個くらいついてる

仰々しいボタンのような、様相のトマト。


ラフ特有の濃いベースグリーンが

スターラインに沿って伸びていくと

こんなトマトになるんですけど


見た目うらはら、

これが濃厚で、すばらしく美味しい。


これまで30種類くらいのトマトを

試験も含め、栽培してきましたけど

ラフのポテンシャルって、飛びぬけてる。


初年度手探りということもあり

尋常でないほど枯れていってますが

来作、しっかりと安定させて

再来年あたり、どかーーんと華々しくいきたいもんです。


あーー楽しみだ。





こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

パートちゃんから教えてもらったこと。

120518 パート。


8年前、僕がトマト担当になった頃の一枚。

ここに映ってる山農園のパートちゃん、

今はもうみんな、農園を退職されてます。


それは体の不調であったり、家庭の事情であったり

新たな夢へのチャレンジであったりと

まぁ、いろいろなんですが


みんな、退職された今でも

ちょくちょく農園に遊びに来てくれるんですよね。

嬉しいことです。


うちの山農園って

文字通り、国道から外れたヘンピな山の中にあるんですが

ハネのトマトを近所の人がよく買いに来てくれて

その売り上げが、ひと月10万円を越えることもあるんですけど


そうやって、ご近所さんに愛されるトマトになったのも

このパートちゃんたちのおかげなんです。


トマトのハネって、出るときは1日に100㎏以上出たりするんですけど

そのトマトを、このパートちゃんたちは絶対に捨てたりしなかった。


仕事が終わった後で、近所の人に配って回ったり

どうしてもその日に配りきれないときは

ジュースにして、翌日以降配ってくれてたんです。

山農園が出来てから、10年もの間、ずーっと。


そうしていくうちに、ぽつぽつ農園に

ご近所さんが買いに来てくれるようになって


家で食べるトマトはもちろん

お祝いの席や、ご贈答用としても、ずいぶん注文を頂けるようになって

ご近所さんに買い支えられていると、実感できるまでになりました。


「トマトも人も、まづは地域で愛される存在でなければならない。」と

僕が日ごろ口にするようになったのも

このパートちゃんの姿を、見ていたからこそ。


インターネットの普及により

直接県外のお客様と、高単価で取引のできる機会って増えてきて

もちろん、それはそれでとても大切なことなんだけど


地域の皆さんに愛される存在であること

そういう存在でありつづけることって

生産者にとって、まず一番に大切にすべきことのように思います。


きれいごとかもしれないけど

愛されているという、実感。

これって、ものすごいパワーになるんだもの。


農業を取り巻く世界って

これから激動の時代に突入していくに違いありませんが

パートちゃんから教えてもらったこと

いつまでも、根幹に据えておきたいと思います。


ありがとね^^






こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

大森センパイ来る。

130319大森さん。


先週土曜日、大学の二個うえの変態の先輩の

淡路島でトマトを作ってる大森さんが、ご家族でふらっとやってきました。

うちのラフや千果を見て、爆笑してましたけど

天窓の修理も手伝ってもらって、すんません。

ありがとうございます。



130319赤貝。


夜は久しぶりに二人でお酒を。

ゆうき屋さんという、ちょっといけてるお店です。


鮨タネなんかが入ってる冷蔵ケースのなかに

旨そうなトマトがあって

これはいっとくべ!ってことで頼んだものの

このトマト農家二人を納得させられるトマトじゃなかったら

承知しないんだぜ!へへーーーって感じで

大森さんがまずひと口、もぐもぐ。

「10(糖度)、、、いってるな、、、」

普段、激辛口の大森さんが、なんか嬉しそうに食べている。

で、私も食べました。

「う、うまいやないですか、、、。」


どこのトマトです?って女将さんに聞いたら

夜須のトマトだって。なるほど、納得です。

しかも八百正さんから仕入れてらっしゃるということで

ことさらに納得したのであります。


でもあれですね

ふらっと入ったお店で、トマト頼んで

それがものすごく旨い、っていうのって

高知ならではですよね。大森さんもいうてました。

いろんな産地みてるけど、どう考えても高知のトマトのレベルは高い、って。


あの○○県の○○○○ってトマト食べたことかるか!?

あんなもん、クソやろ!クソか!っちゅーねん!

って、大森さんがいうてました。あいかわらず口は悪いです(笑)


結構、大森さんとは考え方が似てるなーって思う部分があるけど

お互いに性格はずいぶん違ってて、それゆえ進み方も違って

そこがおもろかったりするんですが


でも、この先ほっといても

なんだかんだで、繋がっていくような気がする。

合言葉は、キンタマーニ高原(知らんけどw)


いやー、でも毎度いい話を聞かせてくれて

ゆうき屋の大将も、酒が回ってきていい感じになって

説教じみてはいたものの、楽しいお酒には違いなかったのであります。


さぁ、がんばろうぜ。



こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

2013高知トマトサミットを終えて。

130310集合写真


先週末に行なわれた、2013高知トマトサミット、

手応えとしては、昨年の三倍増くらいの感じで

大盛会のうち幕を閉じました。


ご来場下さった皆さま、応援してくれた皆さまへ

心より御礼申し上げます。大好き。


イベントの開催にあたって

ほんとーにたくさんの想いがあったりするんですけど


とりあえずね

終わった直後の、あの究極に気持ち良かった乾杯を

達成感という言葉で形容したい(←意味不明)


そうそう、今回は終了15分前に

すべてのトマトが完売となったんです。


産地、ブランドの枠を越えて

最後にみんなで、「トマトの村」のトマトを売り込んでる姿が

なんか、すごく綺麗やなって眺めてました。


今、僕が34歳なんですけど

10年後は、44歳になってるわけで

そのとき、トマトサミットってどんな形になってるんやろう?


参加農家さんも、もっともっと増えて

きっと、全国規模のものになってるよね。

そして、イベントが終わった後は

全国のトマト農家が輪になって乾杯するんだぜ!!


なんて考えてると、もうね

ぐへへって、変な笑みを浮かべてしまうほど

なんかもう、わくわくするなーーー。


全国生産量のわずか1%しかない、高知県産トマト。

けどね、これだけ輝くことができる。

すごいよね、ほんとにすごいと思う。


二日間のイベントは終わったけど

これをきっかけにどうするか、ってのが

具体的なビジョンとして、すでに自分の中にあって


その実現こそが、実行委員長として

自分の役割であると、昨年からずっと思ってることで


なんとかそこに到達できるよう

しっかりとやっていきます。いや、ほんとうに。


とりあえずは、来週末の打ち上げだな。

あー乾杯が待ち遠しい!!




こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪



高知トマトサミット2013まであと二日。

いよいよ、2013年の高知トマトサミットまで、残り2日となりました。


参加者としての準備等は、まだなんも手付かずで

ブログとか書いてる場合じゃないんですが

直前にやっぱり気持ちくらいは書いておこうと

キーボーをパチパチしはじめたところです。


今回で三回目となる、高知トマトサミットですが

発案者であり、初代実行委員長の

今は亡き野村巧さんの想いを受け継ぎ


みんなが必死で繋いでくれたタスキを

二代目実行委員長として、前回から自分が掛けさせてもらってます。


そのタスキを受け取る際、うちの社長にもその旨を伝え

「高知のためになることなら、どんどん力を注ぎなさい。」

と言って下さったこと、本当に誇りに思います。

社長、ありがとうございます。(今更ですけど)


高知農業会のカリスマであった、初代実行委員長と違い

自分はほんとに名の知れてない若造でしたので


前回のトマトサミット開催にあたり

生産者さんにお声がけするときなんかも

「お前、誰だ?」みたいなリアクションって結構あって

まれに逆鱗に触れることもあったんですが


これこれこうで、、、とトマトサミットについて説明していくと

「あー、あの野村君が言ってたやつか。うんうん。」

って、参加を決めて下さる方もいらっしゃって

その度、野村さんってほんとすごい人やったんやな、って思ってました。


そんなこともあって、

届かない。自分と野村さんとは違う。と、わかっていながら

初代の背中を追いかけてるようなところが、常にあったんですけど


昨年、そして今年と

トマトサミットに関わる、生産者、そしてサポートをしてくれるみんなとの

チームワークのような繋がりを実感しはじめた頃から

自分の役割のようなものを、すごく感じはじめました。


トマトサミットの目的は、生産者の所得アップ。

そのために何をやったらいいか?どこまで道を蛇行しても許されるか?

言葉にはしてきたものの、半信半疑なところもあって


けど、多くの生産者や関係者と話をするたび

自分の見据えてる場所って、きっと間違ってないなって。


もし間違えてたとしても

「おい!大畑!そっちには行くな!」って

みんなが絶対に引き止めてくれる。

そんなこと、すごく感じはじめたんですよね。


初代の決めた道の上を、背中を追って走っているのではない。

この道は、自分が決めた道なのだ、と。

そして、この道を一緒に走っている仲間は

大畑が決めた道の上を走っているのではない。

それぞれの決めた道の上を走っているのだ、と

それゆえのチームワークなのだと。


先日、懇意にさせてもらってる取引先様が

嬉しい言葉を聞かせてくれました。


大畑さんたちの想いって、だんだん届きはじめてますよって。

いままで反対意見ばかり言ってきた人たちが

大畑さんたちのやってること、理解してくれはじめてますよって。


じーーん、ときました。

そうやって、僕らの想いが伝わっていってるってことももちろんですが

その取引先様が、自分たちの声が届かないところに

ずーっと声を届けてくれてたんだなって。


なんていうか、ほんとに

頑張れば頑張るほど、支えられてるのを実感する。

「頑張る」「頑張れ」「頑張ろう」って言葉が嫌いな人っていますけど


先の大震災で、最も被災地の方が勇気付けられた言葉は

「頑張ろう!」だったって、今日テレビでいってました。


長文だらだらと書いてしまいましたが

ほんとに明後日の準備をしないとヤバイです(笑)


9月から準備を進めてきた、高知トマトサミット2013。

懸案事項だったイベントPRも

先日の知事訪問で、爆発的な盛り上がりを見せつつあります。


やることしっかりやって

あとはしこたま当日を楽しもう。


生産者、スタッフのみんな頑張ろうぜ!!!!!



高知トマトサミット2013は、

今週末の3月9日(土)10日(日)、両日とも10:00~17:00の開催。

場所は、高知市帯屋町2丁目アーケード内です。


皆さまのお越しを、心よりお待ちしております^^





こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

Home > 2013年03月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。