Home > 2011年07月

2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ポテトサラダから。



二週間ぶりのブログの更新は

ケーニッヒのポテトサラダからという

ローヒー。の真骨頂(笑)


前回のブログで

「これからオイラのの十年史を振りますよ。」とか

「スターダストレヴューのはじまりです!」とか

言っちゃったものの


一応書きました。おそろしく長文書いたけれども

こんなの誰がみるの?みたいな内容になっちゃってるもので


一応下書き保存はしているものの

公開は気が向いたらしよう。、という作戦です。

つっても、一年分しか書いてないんだけど(笑)


ということで、そんな十年史の呪縛に捉われることなく

今まで通り、ブログを更新してまいります。


110730.jpg

さてさて、そんでこないだ八百正の堀さん

ケーニッヒに、飲みに行ってたんですけどね


最高のドイツビール&ドイツ料理に、舌鼓を打ちつつ

心地よく酔っていたわけなんですけれど


たまたまお店にいらっしゃいました、片岡まさのり君

生で演奏していただけるという、素敵な体験をいたしましたので

その模様を、アップいたしますね。




片岡まさのり masanori kataoka
1982年10月高知県生まれ。シンガーソングライター。
小学5年生の時、中古レコード店でポールマッカートニーの国内シングル盤"オフザグランド"を購入。
それをきっかけにウクレレを購入、自ら作曲を始める。中学1年生の時、アコースティックギター購入。
その後すぐエレキギター購入。2005年から沖縄県名護市に移住。
バンド活動を中心にしつつ、弾き語りやポエトリーリーディングなどの活動を展開。
様々な形での音楽活動の末、身軽さに魅力を感じ、ギター弾き語りの形で
2008年10月に音楽活動を本格スタート。
現在、沖縄、高知、東京、京都を中心に、全国のカフェやバー、ライブハウス等での
ギター弾き語りライブを中心にした音楽活動展開中。
2011年6月21日ミニアルバム「冬の唄は短編小説のように」発売。



ちなみに私、アルバムも購入させていただいたのですが



タイトルチューンのこの曲を

車内で、これでもか!と歌っております。

ハモリも完璧。

いつでもセッションいけるで(笑)


そんな感じで、陽気に過ごしております今日この頃

相変わらず、ハウスの中はとんでもなく暑いんですけど

トマトもすくすくと、定植にむけ育っておりますよ。


ということで

久しぶりのブログにしては、上出来でしょ?(笑)




 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪

スターダストレビュー。

10714 興津。

久しぶりの更新は、興津の夏模様。

峠から眺めた景色は、すごくきれいでした。


さて、前回のブログから

私的農業史を振り返ってみよう、と思ったわけでして

ざっくりと書きはじめたわけですが


仕切りなおします。


改めまして

真面目にしっかりと、詳細に書いていこうと思います。


次回記事より、じっくりと。


事柄によっては、赤裸々に書くことは出来ないんですが

サラリーマン農家として、歩んだこれまでを

なるべく正確に、記録します。


今までの記事のテンションとは、きっと違ってくると思います。

といいつつ、違わないかもしれないね(笑)


いずれにしても、かなりの長文を書くつもり。

スターダストレビューのはじまりです。




 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪

10年目やね。

110708 足。

なんだかんだで、もう10年目なんですよね。

農業はじめて。


振り返ると、どの年も色濃いですね。

トマトもオフシーズンになりますんで

ちょっと振り返ってみましょうか。



一年目。

毎日仕事が終わると、大学の図書館で勉強してました。

まだ独身で、一人暮らししてましたから

アホかというくらい、お酒も飲んでました。

お家でも、お外でも。


休みもありませんでしたから

っていうか、そういうもんだと思ってたんで

特に不満もなかったんですけど


ある日、突然ガタがきたんですよね。


トンネルを走行中にドクン!って、胸の辺り。

しだいに手が痺れてきて、視界もだんだん狭まっていく。

このまま死んでしまうんじゃないかって。ほんとに怖くて怖くて。


病院にいって、「脱水症状ですね。」なんて言われて

(ウソをつけ!)と思ったんですけど

点滴されて、家に帰ってからも

寝たら死ぬんじゃないか?とか思って


とりあえず、“見られるとよろしくないもの”をダンボール箱に入れて

ガムテープでしっかりしばって、


「●●へ。もしも僕に何かあったら、決して中を見ずに捨ててください。」


と、大学の後輩に宛てたメモ書きを貼って

眠りについた記憶があります(笑)


それからしばらく、ほんとに怖くてね。

またなったらどうしようって。


そうやって数ヶ月間

パニック障害に悩まされつづけたわけです。







・・つづく(の?)





 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪


高知のトマトは。

110704 麦茶。

麦茶に負けないくらい、汗かいてます。

そんなことはどうでもよくて

ここ最近、やたらと焦っている私。


トマト。

高知のトマトは大丈夫なのか、って。


6月のはじめ、出張にいっておりました。

技術的な視察で、愛知県と千葉県に。


そこで私が感じたことは

危機感以外のなにものでもありません。


資材屋さんや、生産者の方々と、技術的な話をするなかで

会話のレベルが、高知よりもふたつみっつ先に進んでいると

率直に感じました。


例えば、土作り。

この肥料がいいとか、いや、やっぱり有機質でなきゃだとか

団粒構造がどうだとか、連作障害はどうだとか

そういう議論は、もうすでに終わってる感があります。


終わってるというよりも

土の中というはっきりしないところで

議論を重ねてもしょうがない。


土の中はそこそこに

地面から上の、普段私たちが目にする部分を議論していこうってことで

環境制御という考え方が、かなり進んでおります。


例えば、二酸化炭素の濃度であるとか

湿度なんかをコントロールするってことなんですけど


この辺の技術論を語っていくのに、やはり勉強は必須なわけでして

基礎となる植物生理を、知っておくのはもちろんのこと

感覚ではだめなんですよ。生育を数値で追っかけれなければ。


そういうところでいうと

愛知県の豊橋はすごいですね。超理論的で

すごく僕好みです。


対照的に、高知県のフルーツトマトは

それぞれの地域で、それぞれの生産者さんが

それぞれの感覚で作ってらっしゃる、ってことが多いように思いますが

感覚っていうのは、その人特有のものですから

なかなか積み上げていくことって、できないんですよね。


高知県はフルーツトマト発祥の地、とはいっても

そのフルーツトマト自体、歴史は浅いわけでして

確かにその品質は、現在国内でも有数だとは思いますが

技術的に進んでいかなければ、簡単に追い越されるほど

はかないものだと、感じます。


産地を守るのであれば、やはり技術力を高めることは必須であり

次の世代が引き継げる形で、目に見えるデータを残していかないと。


一般的な技術自体は、インターネットや専門書などで学べると思いますが

農業は、その土地の自然環境に強く影響されますので

その土地ならではのデータの蓄積というものが

必ず必要になってくると、僕は思います。


ありがたいことに、現在いろんな方々が

様々な媒体を通じて、高知のトマトをPRして下さり

出口を作ってくれてますけど


その土台となるのは、やはり「生産」ですから。

生産者はもっともっと、意識を高くもたないと。


今のままでは、五年後、高知のトマトの未来はないと

僕は強く思いますよ。





 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪





七夕を前に。

110629 asa

梅雨明けしたかと思ったら

まだやったか。

来週もぐずついたお天気が続くようですね。

せめて七夕くらいは、晴れた夜空を見せて欲しいものです。


七夕といえば、昨年息子は

「あかちゃんがうまれてきますように。」

って、短冊に書いたんだったなー。


あれから早一年、

三人家族から、四人家族になりました。

ホテル天の川は、最高やったというわけ(笑)


さてさて、そういえば

ここのところ、トマト関連の記事を全然書いてないですね。


収穫などの作業と平行して

片付けなんかもはじめております。


来作に向けて、新しい技術的な取り組みも考えていて

これが炸裂するんじゃないかと、ちょーワクワクしています。


いづれにしても、ここから二ヵ月はおそろしく繁忙。

肉体も頭も酷使して、倒れない程度に汗かこう。





 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪

夏越祭り。

110630 wanuke

昨夜は、朝倉神社の夏越祭りに

長男を連れて、行ってまいりました。


夏越祭りっていうか、俗にいう“わぬけ様”。


でっかいわっかを、クネクネと抜けて

無病息災を祈るわけです。


学生時代、朝倉駅前に住んでいたにもかかわらず

朝倉神社があることすら、知らなかったあの頃。


あの頃といえば、ツタヤがまだウィルでした。

朝倉駅前のウィルのなかには、モスバーガーがあったんですよね。


あの辺り、がらりと変わってしまったな。





 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪




Home > 2011年07月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。