Home > ラフ

ラフ Archive

ラフ様。

130322ラフ。


どこか裕福な国の貴族あたりが

公式な式典で羽織る、原色にまみれた


分厚いジャケットの、全面に3個くらいついてる

仰々しいボタンのような、様相のトマト。


ラフ特有の濃いベースグリーンが

スターラインに沿って伸びていくと

こんなトマトになるんですけど


見た目うらはら、

これが濃厚で、すばらしく美味しい。


これまで30種類くらいのトマトを

試験も含め、栽培してきましたけど

ラフのポテンシャルって、飛びぬけてる。


初年度手探りということもあり

尋常でないほど枯れていってますが

来作、しっかりと安定させて

再来年あたり、どかーーんと華々しくいきたいもんです。


あーー楽しみだ。





こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

ラフに花芽がつきました。そして恋は急加速していくのであります。

120911らふ。


期待の大玉系品種、ラフにも花芽が着いてきました。


ラフは別名、tomate patanegra(トマテ・パタネグラ)とも呼ばれまして

patanegra(パタネグラ)という、最高級の生ハムに付けられる言葉を

トマト王国スペインにおいて、唯一勝ち得たトマト品種です。


tomate raf patabegra(トマテ・ラフ・パタネグラ)

なんて呼ばれ方もあり

ラピュタ王家に付けられる名前みたいでキュンときます。



生ハムの味がするトマト、として紹介されたりもして

事実、スペインでは、化粧箱のなかに

ラフとオリーブオイルと岩塩がセットになって

販売されたりもしてるみたい。


自分の知る限り、日本では流通してないようで

もちろん食べたこともないんですが


それを一からブランディングしていける喜びは

苦労も多いだろうけど、たまりませんね。


尾藤イサオ似の女の子を

磨いていったら、きゃりーぱみゅぱみゅになりました。

ってくらい、たまりません。


120911isao.jpg



普段は、味のイメージを頭に描きながら育てるんで

ラフは食べたことがないぶん、それができないのが辛いところ。

生ハム味のトマト、とかって

全くもって意味わかんないけど


どうなんのかな。

なんか、会ったこともない文通相手から

「二ヵ月後、あの夕日の見える公園で会いましょう。」

みたいな手紙が届いて、なんかその日を待ちわびるみたいな

なんかそんなドキドキがありますね。


二ヵ月後、公演のベンチに座っているのが

尾藤イサオじゃありませんように。




ブログ村ランキング参加中!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
ポチってくれたらランキングUP♪


こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

本気で取り組むには十分すぎるほどの超ポテンシャル大玉系トマトの種、来たる!!!!!




実は来作から、試験的に大玉も育てていこうと思っております。


今も牛の心臓(クール・ドゥ・ブフ)っていう

大玉系育ててるんですが


これは趣味、っていうか練習みたいなもんで

本命の種が、先日届きました。



RAF(ラフ)@スペイン

pack_tomate_raf_aceite_mermelada(1).jpg



見た目、かなりグリーンですけど

青臭みはなく


とてもジューシーで、甘くて濃厚で

生ハムのような味がする。

らしい(笑)


もちろん、赤くなりますけど

赤よりも緑のほうが、市場価値がするという

変わった品種です。



スペインは雨が少なく、気候も日本とは違うんで

どんだけ本物に近づけれるか、わかりませんが


再来年には、本格導入出来るくらい

来作、いいものができるといいなって

思います。



今うちの農園には、いろんなトマトが育ってますけど

主力のミニトマトと同じくらい

ラフは、本気でいきます。


未だ日本の市場には、出回ってないと思いますが

変り種とか、希少性ではなく


食味の部分で、振り切れた超品質を目指します。




ブログ村ランキング参加中!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
ポチってくれたらランキングUP♪


こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪

Home > ラフ

Page Top