FC2ブログ

Home > トマトサミット。

トマトサミット。 Archive

シュナイダーを彷彿させるトマト。

夕方、妻に

「ごま油買ってきてー」

と、近所の毎日屋まで。


大畑家の野菜室は

乙女の涙であふれてますので


トマトを買う、なんてこと

普段はないのですが





なんと

吉川さんちのトマトを見つけたので

もちろん連れてかえってきました。


知ってます?

フルーツトマト、って名称は


吉川さんのおじいさんが

いちばんはじめに

使いはじめたってこと。


73ヘェ。


そんなトリビアは

おいといて


吉川さんのトマトに

出逢えた方はしあわせに違いない。

と、思えるほど


大畑ふぇいばりっとトマトの

ひとつです。


その圧倒的な完成度

唯一無二のソリッド感は


キャプテン翼でいうところの

シュナイダーを彷彿させる。


吉川さんちのトマトは

ファイヤーショットなのだ(褒めてます)


さて

どうやって食べよかなー。

高知県産トマトは愛されている。




高知トマトサミット2019。


たくさんのお客様にお越しいただき

大盛況となりました。























いろんな皆さんのおかげで

ここまで続けてこれたんですよね。

感謝してます。

ありがとうございます。


「どんなに美味しくたって

愛されているものには敵わない。」


ほんとに、そうなんだと思います。

高知県産トマトは愛されている。


改めて、そう実感できた

高知トマトサミット2019。





ほんとに皆さま

ありがとうございました。

仕事おわり、トマトサミットの打合せに。




仕事おわり、トマトサミットの打合せに。

場所は、高知アイスカフェさんとのことで

高知駅のうらに出来てたの知らず

危うく仁淀の方までいくとこでした。





高知トマトサミットも、今年で9回目。

実行委員長としては7回目となりますが

ほんとにほんとに

いつも名ばかりで申し訳ないなと。


今日もスペシャルな実行委員の皆さんを前に

(わーすごいなー)と、目を細めてました。


さて、知っての通り

大畑は県外出身者なわけですが

だからこそ産地を大切にしたいと

いつも思ってます。


いろんな意見はあるものの

頑として、産地を大切にしたい。





トマトサミットの実行委員長になってから

心がけていることがいくつかあって


なかでも、とりわけ大切にしていることは

すべての生産者さんとの距離を

等しく保つこと。

そのために、常に真ん中にいること。

そして、温度差を生じさせない。


好きなんですよね。

高知のトマトの生産者さん。

チームワーク。


せっかく高知で暮らすようになったから

少しでも産地の力となれるよう

微力ではあるけれど

がんばりたいなと、いつも思ってます。


ほんとにほんと

ほんとうに。


だから(ってわけでもないですが)

高知県産トマト、みんなの力で

もっともっと楽しくしていきましょう。


高知トマトサミット2019は

2月24日(日)10:00~17:00

高知蔦屋書店さんにて開催です。


皆さま、是非!

お待ちしております!

トマトサミット in 大阪!!




2月27~28日まで

トマトサミットin大阪に参加してきました。





当日はたくさんのお客様にお越し頂いて

ほんとに嬉しかった。


そして、高知家プロモーションの皆さま、

地産外商公社の皆さま、

野菜ソムリエコミュニティ高知の皆さま、


そしてそして

主催者である、高知県大阪事務所の皆様が

びっくりするほど手厚くサポートして下さって


ほんとに幸せな時間を過ごせました。

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。




tears of princes




とまっくま!




たえちゃま!




園芸連さんも!




アスリートトマトの久保さんも!




トマトhackよりトマトちゃん!




乙女ブース!




仲間たち!


いやーーー楽しかったな!!

来年に繋がるよう

今回はしっかり数字も意識しました。

またみんなで来よう^ ^


さてさて来週末は

いよいよトマトサミット本番!

高知トマトサミット2016がはじまります。


さーさー

テンションあげてくでーー。

トマトサミット2016への想い。




さあさあ!

いよいよトマトサミットシーズンですよ!


今年は3月12日(土)、13日(日)

土佐の大おきゃくで賑わいまくる

帯屋町二丁目アーケード内にて開催です。


毎年、あの雰囲気がほんとにたまらん。


ずっと実行委員やってたので

あんまり自分とこのトマトに

携われてなかったけど


今年は思いっきり

生産者サイドではりきるぞー


といいつつ、もちろん

いろんなお手伝いもするつもり。


実質、運営の全てを行ってくださってる

野菜ソムリエコミュニティこうちの皆さまには

今年もほんとにほんとに

感謝しきりですが


高知のトマトのイベントだから。

僕たちが一生懸命やらんといけんですよね。

やっぱり。


昨年、今年と

ずいぶん人任せにしてしまったなーと

反省してるんだけど


もっかい、そのへんしっかりと

みんなで話し合って


高知の未来を眺めれたらな

とか、思ってる。


あと大切なことだけど

トマトサミットは


自分たちが思ってる以上に

たくさんの人が応援して下さってるということ。


直接トマトサミットに携わってない皆様も

「こんな気持ちで生産者さんががんばってるから

応援してあげようよ。」

なんて


ほんとに自分たちの全然知らないところで

関係者さんの理解を求めて下さってたりとか


僕は何より何より

そんなことがほんとに嬉しくて


「いつもありがとうございます」って

ほんとに感謝してます。ほんとに。


毎年、トマトサミットシーズンは

収穫量も少なくて


そんななか

お客様へのお届け分を

減らさせて頂いて

そのおかげさまで、出品できてるんですが


そのご相談をさせて頂く際

「トマトサミットですもんね。

わかってますよ^ ^」


なんてね、ほんとに温かいんですよね。

涙が出るくらい。みなさん、すごく優しい。


その優しさを僕らはしっかり受けとめて

がんばんないと。ほんとに。


たくさんの方に応援されるイベントになったのは

たくさんの方が応援してくださってるから。


心を込めて

トマトサミット

今年も参加しようと思います。


みんな来てねー^ ^







Home > トマトサミット。

Page Top