Home > 旅行

旅行 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

最終日-浣腸狂の女医-

ローヒー家の旅【最終回】


さてさて、そんなこんなでアドベンチャーワールドを後にしたオイラたちは

最終日のお宿である、南紀白浜温泉『ホテル千畳』へと向かいました。

P1090513.jpg
南紀白浜温泉 ホテル千畳


でその道すがら

息子ちゃんがどういうわけか超不機嫌・・・。

なんか体も温かいし。。。


とりあえずチェックイン時に体温計をお借りてして

部屋で体温を測ってみると

・・・・・

まさかの「38.8度」。

高熱です。


疲れが出たのかもなんて意見もありましたが、インフルエンザの可能性も否めないので

とにかく小児科を探すことに。


しかし、さすがに土曜日の18:00に開いている小児科は無く

少し離れた田辺市の休日小児診療センターに行くことになりました。

そうこうしている間にも、息子の呼吸はどんどん荒くなって、目も虚ろな感じに。

もうとにかく、陣痛の始まった嫁さんを乗せて走ったときぶりに

ほんまに集中して運転しました。


でなんとか道も間違えずに到着し、受付をするも結構並んでんのね。

診察室では子供が泣き叫ぶ声が聞こえる。


30分位待って、ようやく診察室内の待合椅子までたどり着きました。

診察室のカーテンの向こうでは、なにやら便通の悪い子が『浣腸』をされてるらしく

もうね、その泣き声たるやほんまに痛々しいのなんのって。


で息子の診察の番が来たので、後は嫁に任し、オイラは廊下で待っておりました。

すると中から息子の泣き声がしてきて

「注射かな~?」なんて思ってたら、泣き声はどんどん叫び声に。

「出る出る出る出る出るって~~~!!!」という息子の悲痛な声を聞いたとき

息子が何をされたかを察知したオイラ。

そうです。


浣腸です。


嫁曰く、診察をしていた女医さんはどうやら浣腸狂らしく

なんだかんだ理由を付けて、すべての患者に浣腸していたらしい。

その証拠に、これから来るであろう患者の分まで

浣腸キットがお湯につけられ、万全に準備されてたようです。


浣腸狂の女医。


浣腸狂の女医。


特に斜体にした意味はございません、、、。

いや、そんなことはおいといて、


一応インフルエンザの検査もしましたが、結果は陰性。

この頃には結構ケラケラと笑ったりもしてたので、とりあえず胸を撫で下ろす。

出発の際ホテルの方にも随分心配していただいたので

一応電話で無事を伝え、ホテルに戻ることにしました。


んでホテルに着いたのが21時前。

夕飯はホテルでバイキングの予定でしたが、そのバイキングは21時まで。

晩御飯はコンビニで用立てるかなんて思ってると、ホテルの支配人が出ていらして


「息子さんさえ構わなければ、時間は構わないのでゆっくり食事をしていって下さい。」とのこと。

なんてうれしい心遣いなんでしょう・・・。

でもオイラたちだけの為に、バイキングの片づけが遅くなってしまうなんて妙に気がひける。

さっさと食べて早く出ようなんて思ってましたが


そのレストランで働くスタッフの方々、ほんとに素敵な方々で

テーブルの近くを通るたび、気の利いた一声をかけて下さるチーフをはじめ

「寒くないように」って、バスタオルを山のように持ってきてくれた不器用なバイト君。

そのほかのスタッフの方々にもほんまに良くしていただいて

その素敵な心遣いに少しだけ甘えさせていただくことにし、ゆっくりと食事を楽しみました。


ホテル千畳の皆さま、このブログを見ているわけもないと思いますが

本当に感謝しております。ありがとうございました。


翌朝、息子の具合はずいぶんと良くなっていたものの

早く高知でゆっくりさせてやりたい気持ちもあったので

朝起きてすぐに和歌山港へ向けて出発。途中で朝ごはんを食べてから

『南海フェリー』に乗って徳島へ2時間のクルージング。

P1090519.jpg
さよならパンダちゃん。

P1090515.jpg P1090516.jpg

P1090518.jpg P1090517.jpg

南海フェリー、初めて乗りましたけど

オイラ完全にはまりましたよ。


2時間くらい寝転んでウトウトしてたんですけど

波で船がゆらゆら揺れるでしょ?あの揺れがゆりかごのようでほんまに気持ちいい。

しかも寝てるだけで、和歌山から徳島に渡れてしまう。

フェリーって素晴らしいです。ハイ。


徳島港に着いてからは、一度「吉野川ハイウェイオアシス」で休憩したくらいで

びゅーんと我が家まで一気に帰って参りました。


家に着くなり息子は号泣。

「嫌だ~まだ旅するが~」って。

んーパパとしては、そんな気持ちを持ってくれたこと

うれしい限りです。


今回のローヒー家の旅行、知らない土地を巡ったわけですが

その土地土地で素敵な出会いに恵まれたと思います。


オイラと嫁さんはもちろんのこと

その出会いのひとつひとつに、息子も一喜一憂していたことが

パパとしてはほんまにうれしい。


感性を育てる出会いの旅。

そんなのこれからもバンバンしていこうと思います。

さぁて次はどこへいこう?

オイラは北陸がいいんやけどなぁ・・・。


ってところで、とりあえず

長かったローヒー家の旅2009もようやく今夜がエピローグ。

長々と読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

明日以降はいい加減トマトのことを綴っていこうと思ってますが

どうなるかはわかりません。あ、明日は飲み会やからムリね。


明後日以降は通常営業。

今後とも「オイラの赤い青春」を宜しくお願いいたします。

 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.gif
 『ポチ』トマト。
 ポチってくれたらランキング
UP♪

三日目-アドベンチャーワールド-

ローヒー家の旅【3日目】


淡路島を後にしたオイラたち。

旅の最終目的地、和歌山県のアドベンチャーワールドに向け

いざ出発でございます。


「ボクはパンダ号でいくきー」と息子。


和歌山に入って、さらにさらに高速道路を南下して行くと

じぃじの作ったトンネル(お義父さまは火薬取扱責任者です)を発見。

普段どこのトンネルを通っても、「じぃじのトンネルやー!!」と興奮する息子よ、

遠く離れた和歌山で、ようやくピンポン正解だな。


高速を最終出口【南紀田辺】で下りてから、30分くらい車を走らせ

13時頃ようやく到着。

P1090477.jpg
【アドベンチャーワールド】

ここからオイラは左手にデジカメ、右手にハイブリッドカムを持ち

休日パパの模範生みたいな出で立ちで、いざパンダに挑みます。

P1090464.jpg
入場ゲートをくぐってすぐに、恐ろしく爆音でロックを掛け流すパレードに遭遇。

その中にゾウなんかも居たりして、息子の目は真ん丸くなってました。

P1090467.jpg
パンダまん。なんて愛くるしいのでしょう。


知らず知らずのうちに、息子、嫁に次いで

オイラまで瞳がパンダになってくる。

そんなオイラたち、他のアトラクションには目もくれず

パンダゾーンへイケイケどんどん。


でね

ついに

ご対面



P1090471.jpg
双子パンダの梅浜(メイヒン)と永浜(エイヒン)。

・・・

もうなんていうのかなぁ

強風が吹くと、隣の人が必ずびっくりするような

そんな頭髪を所有するハゲ田ローヒーにはね

サモハンキンポーがトンファーで殴られるのを見るよりも

胸がキューンとなりました。

メイヒン、エイヒン共に、あいにくスヤスヤとお休み中でしたが

息子も嫁も目をキラキラと輝かせて、じーっとメイヒンとエイヒンをうれしそうに見つめておりました。


P1090487.jpg
外に出てみると、愛浜(アイヒン)がお食事中。

メイヒンとエイヒンのお姉ちゃんにあたるアイヒンも実は双子で

P1090488.jpg
ジャ○ニカ学習帳さながらの明浜(メイヒン)がそのご兄弟。

P1090476.jpg
おしりが痒いのね。か~わい~♪


もう身も心もパンダに酔いしれたオイラたちは

さらなる酔いを求めて(はしご酒かっ!)、イルカのショーを見に行きましたが

これがまた最高に良かったのですよ。

P1090501.jpg
お姉さんとイルカの幻想的なワルツ。

なんかお姉さんの姿とね

君がいた夏
若かりし日のジョディーフォスターの姿がかぶって、なんだかとてもキレイでした。

P1090502.jpg
にしてもイルカってほんまにおりこうやなぁ。


さてさてイルカさんの後は、サファリツアーにも参加しました。

バスに乗ってサファリパークを回遊です。

ビデオ回しっぱなしやったので写真はありませんが

印象的やったのはヒグマ。

もうね、特に肉を食い荒らしてたとか、バスを破壊しにきたとか

そんなんは無く、いたってのんびりしてたんですが

なんかね、超コワイのヒグマって。

オイラその昔、ヒグマにボコボコにされた夢見たことがあって

その惨劇は、目が覚めても体の震えが止まらなかったくらいです。

そんなトラウマの所為もあって

ライオンよりもトラよりも、ぶっちぎりでヒグマが怖いのです。


ちょっと目が合っただけで「ボ、ボクじゃないです~」なんて

リアルに言い訳してしまいそう。

みなさんヒグマには気をつけましょう。

いや、ほんまに。


とまぁそんな感じでアドベンチャーワールドを満喫したオイラたち。

時間もちょうど夕方くらいになっていたので

ローヒー家の旅、最後のお宿に向かいました。

あとは白浜温泉でゆっくりして

翌日のんびりと高知に帰ろうなんて思っていましたが


最後にちょっとしたトラブル発生(涙)


その模様は明日アップ予定の、

ローヒー家の旅【エピローグ】 にて綴らせていただきます。


・・・いやねお察しの通り

そんなに大した事ではないんですが

今夜も眠気のピークを迎えてしまってますんで

すいませんが明日またお付き合いくださいますよう

宜しくお願いいたします。


いやはやほんまにねむいのよ~。


 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.gif
 『ポチ』トマト。
 ポチってくれたらランキング
UP♪

二日目-淡路の島菜園-

ローヒー家の旅【2日目】

しらきやさんを後にし、向かった先は淡路島。

大学時代の先輩を訪ねてブーンと行きます。


大鳴門橋や~♪

って渡る前に『渦の道』ってのを通ってみようじゃないか、ということになりました。

渦の道ってのは大鳴門橋の下を通る遊歩道。

「渦上45mのスリル!」らしい。

まじっすか!?ってことで

P1090417.jpg
渦の道参上。寒っー!!

でひたすら450mくらい歩いてくと

あったあった!なんか床がガラスになってるところ!!

「渦上45mのスリル!」ってどんなのよ~♪って

ハイ

P1090416.jpg
こんなの。

・・・

う、渦は???う、渦上45mのスリルは???

・・・

後で聞いた話なんだけど~

んーなんかねぇ~、『見ごろ』ってのがあるみたいでぇ~

じゃあ渦の無いときはさぁ~、初めからわかってるわけだしさぁ~

チケット買う前にさぁ~、先に言ってよね~

ってクダを巻いてもしょうがないので

P1090414.jpg
息子にはこれでテンションをあげてもらいました。


んでいよいよ淡路島突入です。夕方に先輩と待ち合わせをしていたので

それまでの間はどこで時間を潰そうかと先輩に電話したところ

「水仙がきれいやぞ。」

ということで、こちらに行って参りました。

P1090423.jpg
淡路立川水仙卿。

P1090425.jpg

ねーっきれいでしょー。でもねー

paradise-06.jpg
すぐ横にこんな建物があったりして

水仙以外は怪しさ満点でございました。


「ナゾのパラダイス」「おしべとめしべのことをまなぶとこ」

通称『秘宝館』に、とりあえずオイラ勇気を振り絞って入ってみました。


すると中はね

もう家族で入れるレベルじゃない・・・。

確実に放送禁止映像のオンパレードでございます。

気になる方は「ナゾのパラダイス」で検索してみてね。

それから館内でゆるーく流れてた音楽も衝撃的でね


 淡路島初めて来て海がとってもきれいだった~

 ついに見つけたパラダイス~

 とってもとっても勉強になりました~

 チ○チ○いっぱいたのしいなあ~♪って


歌詞を覚えたオイラが悲しい。。。

とまぁそんなこんなで、ナゾのパラダイスはさっさと後にしましたが

いい感じの時間潰しにもなり、気が付くと夕方。

洲本市のイオンで先輩家族と合流し、今宵の夕食会場へゴーいたしました。

あ、ちなみに先輩ってのはリンクも貼ってる『淡路の島菜園さん』です。

オイラと同じトマト屋ね。

カプチーノ
【ナチュラルカフェ カプチーノ】 洲本市中川原町厚浜714-9 

こちらでは「これでもか!」というくらい

淡路のスペシャル食材を使ったお料理を堪能しました。

P1090426.jpg
淡路の島トマトごしの先輩。

P1090429.jpg
淡路島たまねぎの包み焼き。

バターに鰹節とお醤油をチラッと垂らしていただきます。

淡路のたまねぎってなんでこんなにうまいんやろう?

P1090431.jpg
淡路の島トマトをふんだんに使ったフィットチーネ。

これほんまに逸品ですよ。真ん中の卵を絡めて食べると

体がクネクネするうまさ。もだえます。

P1090432.jpg
淡路島の形をしたピザ。

P1090433.jpg
先輩の娘ちゃん。プーピー♪言っております。

P1090434.jpg
トマトのアイスクリーム。

トマトのコンポートの上にアイスクリームが乗っかって

これがめちゃんこ合うのよね。jun姉、次はこれだな(笑)


この他にもどんどん出てくる料理の数々。

淡路って食材の宝庫なんですね。オイラ全く知りませんでした。

先輩ごちそうさまです。

で、この日は大人しくホテルに帰る。

本日のお宿は【ウェスティンホテル淡路】です。

P1090447.jpg P1090448.jpg P1090446.jpg
なんだかちょっぴりハイグレード。

P1090441.jpg
お部屋もオシャレ。

P1090445.jpg
目覚めると、素敵な朝焼けが見えました。


朝食を早めに済ませ

いよいよ淡路の島菜園突撃です。

ホテルから車を走らせること10分。

P1090452.jpg
あーっ、この風景みたことあるぞ!ということで

到着です。

P1090450.jpg
淡路の島菜園ー♪

P1090451.jpg
お世辞抜きにおいしい『淡路の島トマト』。

いやほんとにくやしいやらうれしいやらとにかくおいしいのね。

P1090454.jpg
でこちらはミニトマトの新品種。

オイラこれを食べたくて来たようなもんです。

P1090455.jpg
わかるかなぁ、このミニはピンク色なのね。

で皮が薄くて食味は最高。糖度酸味も申し分ない。

けど割れやすいらしいのね。でもおいしい。

うーんうーん作ってみたいけど・・・ちょっと保留です。

P1090457.jpg
先輩一家(左)とオイラ一家(右)。

淡路島でこうやって肩並べてトマト作るのも面白いかもなぁ。。。

なんてことが頭をよぎったりもしましたが

オイラとりあえずは高知でバリバリ青春いたします。

お互いがんばりましょうね。

P1090461.jpg
先輩家族とオレンジマン(?)に見送られ

名残惜しくも、淡路島をあとにしました。

それにしても先輩、奥様、お姫様。お忙しい中時間をとっていただき

ほんとうにありがとうございます。

今度は一人で修行に参ります。


さてさて

ここからは一路和歌山までぶっ飛びますよ。




そのお話はまたあした。

長いけどお付き合い下さいましね。

 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.gif
 『ポチ』トマト。
 ポチってくれたらランキング
UP♪


初日-しらきやさん-

1月15日(木)


少しだけ朝寝坊をする。

いやこの少しだけってのが

とてつもなく贅沢だったりするんですけどね。


さて、本日(1/15)よりローヒー家は3泊4日の旅に出ます。

子供が生まれてからは初となる、『旅行』と名のつく家族3人旅。

たまにはパーッといっちゃいましょう♪


ということで早速ですが

初日の目的地しらきやさんに向け出発です。

途中、昼ごはんをヤシィパークで軽くいただきました。

P1090368.jpg
かちりめし(400円)。バカウマです。

あくまでかるーくかちりめしを食べたら

とにかくR55を東へ走る。とりあえずは室戸を目指します。

天気は良好。海はキラキラ光ってます。

なんか思い出すなぁ。我が青春の『室戸貫歩』を。


室戸貫歩って知ってます?

我が母校の冬の行事で、12月初旬のクソ寒いときに

高知大学(朝倉)から室戸岬まで歩きましょうってイベントなんですけど

その距離なんと100km。朝の8時出発で、制限時間は30時間。

オイラ一度だけ出場しましたが

田野辺りでマッサージ師と偽るホモに襲われたことくらいしかもう覚えて無い・・・。

散々やったなぁなんてもの思いにふけりながらも

どんどこ車を走らせてやっと到着いたしました。


P1090371.jpg
【内妻海岸】

そしてそして

やっとこさお会いできました

P1090406.jpg
しらきやのご主人おやじさんです!!いぇーい♪

この日をどれだけ待ち望んだことでしょう。

オイラはじめましてにもかかわらず

「ごぶさたしております」などと頭の悪い挨拶をしてしまいました(涙)

おやじさん。ほんまにナイスなおやじで

トトロ?うん、トトロだな(笑)

陽だまりのような方でした。ポカポカですよ。


P1090373.jpg
しっかりと打ち水された気持ちの良い玄関。

P1090374.jpg
部屋へと続く廊下は、料亭さながらの雰囲気です。

部屋でお茶菓子を頂いて、しばらくくつろいだあと

夕食まで少し時間もあったので、前の内妻海岸へ出てみました。

P1090372.jpg
オヤジさんのブログで何度も拝見していたものの

その美しさに息を呑みます。

P1090377.jpg
オイラ(手前)息子(中)嫁さん(奥)の足跡。

P1090378.jpg
岩場で遊ぶ嫁さんの左手がなぜか消えてるんですけど・・・。

P1090379.jpg
旅の軌跡も残しつつ

P1090380.jpg
夕暮れを楽しむオイラたち。


そうこうしてると日が落ち、気温も下がってきたので

宿へ戻り、貸切のお風呂で芯までポカポカに温まりました。

そしてそして、待ってましたの夕食のお時間。


ではどどーんといってみましょう!


食前酒はおやじさん作の梅酒。

先付けは、赤なまこ、それからイカとネギのヌタでした。

もうほんまにおいしい。気分はワクワクです。

あそうそう、赤なまこにかかってたポン酢が、もうとんでもなくおいしいんです。

久しぶりにおいしいポン酢を頂きました。

P1090381.jpg
お刺身の盛り合わせ。

グレ、たこ、カツオ、はまち、いか、アジ、あわび、ウニ。。。すごい。

P1090384.jpg
ビールではもったいない気がして、冷酒を頂きました。辛口瀧嵐。

P1090383.jpg
海賊焼き。

ホタテ、大アサリ、イカ、エビ、アワビ、サザエなどが信じられないボリュームで出てきます。

写真には撮っておりませんが、3歳の息子の為にハンバーグやカラアゲなども用意して頂きました。

おやじさんの心遣いに本当に感謝。

ありがとうございます。

P1090386.jpg
幸せじゃ~。

P1090385.jpg
自家製小エビの佃煮や、漬物各種。

オイラこれだけで白飯二杯がっつきました。

P1090390.jpg
伊勢海老のお味噌汁。

はぁーーーーっ、おいしい。。。ほんとに。

旅の初日からこんな贅沢いいんやろうか?

と思わずにはいられないスペシャルな料理の数々。

P1090394.jpg
おやじさん。ごちそうさまでした。


死ぬほど満足して部屋に戻ると、フカフカのお布団が敷いてあって喜ぶ。

もう一度お風呂につかって、ポカポカなまま深い眠りにつきました。


翌朝。

P1090403.jpg
これまた素敵なお料理に舌鼓。

オイラおかわり3杯もしました。


さて、この日は淡路島に行く予定でしたので、早々と支度をして

お宿を後にしようとしましたら、おやじさんが素敵な場所に連れて行ってくれました。

P1090408.jpg
きれいでしょ?

おやじさんおすすめの場所です。

海を眺めるというよりも、地球を眺めてる感じ。

確かに地球は丸いんだなと実感します。

P1090411.jpg
家族写真。おやじさんに撮ってもらいました。


ここでおやじさんとお別れして、一路淡路に向かいましたが

息子がね、しばらくずーっとグズるんですよ。

「嫌だー!行きたくないー!あそこにずーっと居りたいー!!」って。

オイラも嫁さんも心がキューンってなって

もうほんまにおやじさんをはじめとする、しらきやの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

3歳児にとって、しらきやさんの雰囲気や料理ってちょっとどうかなぁ、

パパとママの為を思って、一日目は我慢してくれなぁ、

みたいなところは正直あったんですが

息子は終始ごきげんで、まさか「ずっと居りたい」発言が出るとは夢にも思いませんでした。

もちろんオイラたちも大満足。早速夏にもう一度行くぞという話も出ております。

P1090550.jpg
しらきやTシャツもGETして

旅の初日、上々の滑りだしでございます。


おやじさん、しらきやのみなさん、本当にありがとうございました。

 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.gif
 『ポチ』トマト。
 ポチってくれたらランキング
UP♪


Home > 旅行

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。