Home > 地域情報

地域情報 Archive

大畑が高知にきて感動した食べものたち。




今年もぽつぽつ

メジカ新子さまの噂を

耳にするようになりました。


今年はいつ久礼にいけるだろう、、。


いや、ほんとにうまい、

メジカの新子。


これでもかと搾った仏手柑に

お醤油をたらして、ざぶざぶいただく。


いやだ、

ほんとに食べたくなってきちゃった。


高知にやってきて20年。

以下、大畑が感動した食べものです。


・メジカの新子

・カツオのお刺身

・橋本食堂の古漬けと鍋焼ラーメンの相性。

・いろんなお店の蒸し寿司

・ボウルジャンボ前の屋台餃子

・華珍園本店のエビそば

・茶伊菜のラーメン

・ミマのポークチャップ

・ケーニッヒのポテトサラダ

・三日月堂の牛スジ肉のカレー

・八百正さんのいちご大福

・デミタスのハーブチキンカレー

・宮脇さんちの種なし金柑

・サンマルツァーノのトマトビネガー

・林のヤモリのトンキコ


パッと思いついたところで

こんくらい。

マルキョー醤油らぶ。

110529 マルキョー。

もしも、私がハイジでしたら

クララに教えてあげたいと思います。

マルキョー醤油の、その素晴らしさ。


「ねぇ、クララ。

 アルルの、アルルの森にはね

 とーってもおいしい、お醤油屋さんが

 実はあるっていう話。キャハー!!!!」


そんなハイジは置いといて(←なにそれ)

マルキョー醤油、最高です。


こんなこというと、怒られちゃうかもだけど


以前買った、高知のとあるお醤油が

なんだかピンとこなくって


それ以来、敬遠してたんですよね。

高知のお醤油。



しかしながら、マイふぇいばりっとブログ、

醤油屋若女将の ただいま子育て奮闘中!!

を読んでおりましたら


マ、マルキョー醤油!試してみたいっ!

って気になっちゃって


買い込んでたお醤油を、使い切った先日

ペーターをパシらせて

ようやく対面を、果たしたわけでございます。


感想はいわずもかな。

ローヒー。家の“番さしみ醤油”に

満場一致で即決定。


これまでは、柳井の甘露醤油とか使ってましたけど

地においしいものがあるのなら、そっちのが断然いいわけで

出会えてよかった。マルキョーさんに。


そのおいしさに、感激した翌日


うちのパートちゃんに、マルキョー最高!って話をしてたら

ポン酢もうまいで!という、耳寄りな情報をゲットいたしましたので


今度はペーターにパシらせず、

トマト王子が買いに行こう(笑)


※マルキョー醤油さんのHPはこちら →→→ 丸共味噌醤油醸造場

皆さまも是非!




 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪


にぎわいや。



よさこい祭りって知ってますか?なんて

のっけから愚問を投げかけるワタクシですが

じゃあ、

にぎわいやって知ってる?


今となっては、トマト生産におけるもっとも重要な、定植時期ともろかぶりなので

よさこい祭りで踊ることは、不可能な話なんですけど

十八で高知に来た私を、異常なまでに虜にしたのが

他でもない、よさこい祭りだったわけです。


あれから十数年

もうそれなりのいいおっさんに、カテゴライズされてしまって


たぷたぷしたお腹を、ボリボリと掻いて

たぷんたぷんと叩いては、ボリボリ掻いている。

柿ピーのピーの部分を(←イミフ)

うーん、ないなー。柿の中にピーがみつかんないなー。ってアンタね、、、

もういやだわよ!!!!!(泣)


そんなイケてない私ですが

この度、今年初出場の若きよさこいチームに

清流トマトという、熱いソウルの部分で参加させて頂く運びとなりました。

※にぎわいや高知PRプロジェクトについて→→→


110531nigiwaiya.jpg
にぎわいや。

熱き青春の血潮は、心底素敵だと思うわけで

彼らのブログで、その信念や想いだとかを読み込んでいくと

柿ピーのピー探してる場合じゃないんだぜ!と強く思います。


わけわかんないと思いますけど(笑)

詳細はにぎわいやHPで。


全国津々浦々、老若男女問わず

この夏高知で、彼らを友に

熱く熱く燃え上がりたい方は、是非に踊ろう!にぎわいやで!!


それでは皆さま、八月に高知で待ってるからね。



 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪


コワイナー。



よさこい節の一節、坊さんかんざし買うをみた~

でおなじみの、“お馬と純真”が

独特のタッチで描かれております、「居酒屋よさこい」の看板。


純真の、その猫背なシルエットに

なかなかどうして、魅力を感じずにはいられないのだけれど


注目すべきは、お馬。

お馬の、そのエキセントリックな容貌たるや

はっきりいって、異常。


もしも、道を尋ねられたならば

ゴクリ。となってしまいます。


コワイナー。



 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪

とさのうと。

101204 とさのーと。

「とさのうと」というこの冊子。

JAさんが年4回発行するフリーペーパーでございます。


「おいしいものを食べてもらいたい。」という農家の思いと

「おいしいものが好き。」という主婦の思い。

このふたつの想いを結ぶ架け橋となるべく

形となったものがこの「とさのうと」なんですね。


記念すべきvol.1は、夏秋トマト特集。

“なつあきトマト”じゃないよ、“かしゅうトマト”って読むんだからね!


っていうか、このvol.1

実は9月1日が発行日。


「三ヶ月も前じゃない。もうvol.2が出てんじゃないの?」

なんてのは、ごもっともな話でございますが

今宵ご紹介したかったのは、裏表紙を見て欲しかったから。


101204 ゆずcopy。


ナターシャにも、こういう文句をつけてあげたい。

※ナターシャっていうのは、高知清流トマトの品種名です。





 四国ブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
 『ポチ』トマト。ポチってくれたらランキングUP♪

Home > 地域情報

Page Top