FC2ブログ

Home > 友人

友人 Archive

石野さん、ようこそ高知へ。




先週の月曜日のこと


千葉のトマト生産者の

石野さんご夫妻が


高知に遊びにきてくれました。


アテンドは

ゆかさんとぽんまき。


数ヶ月前から

段取りしてくれていたのだとか。


いつもありがとうございます。





ということで

ひろめ集合なわけです。


いつだってひろめ。

オールウェィズひろめ。
(ダサくありません)


大畑は名古屋帰りで

ヨレヨレでしたが


体調悪いときほど

調子にのって飲んでしまう癖

皆さんもおありだと思います。


石野さんと会えた喜びは

生ビールで勘定すると

一億杯くらいのもんで


それはもう

ぐびぐびいっちゃうから。





ひろめでしこたま

やりきりまして

安兵衛に。


このころの記憶は

すでに(かなり)微妙なところ





それにしても

安兵衛の餃子はおいしい。





ぽんまきも

ご満悦のご様子で

あげぽよです。





締めはいつもの

しじみラーメン。


石野さんご夫妻も

最後までしっかり

お付き合いいただいた模様。


で、このあと無事に

ホテルまでお送りしまして


一心くんの車に

便乗して帰宅。


で、翌日。





石野さんご夫妻


乙女のハウスにも

立ち寄っていただけました。


しじみラーメン食べたはずなのに

二日酔いはあいかわらずで


おかしいなーと思いながら

おかしくない石野さんの冗談に

ほほ笑み返しつつ


いつか石野さんの畑にも

遊びにいこう、と

心に誓ったことでした。





石野さん、また高知に

遊びにきてくださいね。


ゆかさんも、まきぽんも

ありがとうございました^ ^



こうちブログランキング参加中!!
pochi-tomato.ggif
ポチってくれたらランキングUP♪



2回目の成人式も終わってしまいました。




2回目の成人式も

終わってしまいました。


形がなくなっていくのは

寂しいよなーって


山北の風景をみながら

たまに考えこんだりするんですが


「信じていられる」

ということは


掛け替えのない要素だなーと

改めて思ったりしています。


2回目の成人式でみえた

心の絆のようなもの。


いつかどこかで

辛いことや悲しいことがあったとき、


そのひとを守ってくれる

そんな、温もりをもったもの、

のような気がしてる。


なんて、

乙女らしいこともいえちゃいますし


ゴールポストに寄りかかって

口笛だって吹けちゃいます。


そんな、西村知美はおいといて


さあ、楽しみまくるぞ!

四十以降も!


わたし祈るの

君は流れ星ーーー!!


明日はいよいよ2回目の成人式です!




どーーーん!!

ということで


明日はいよいよ、S53年度生まれの

「2回目の成人式 in 高知」です。


昼の部の、チャンバラ合戦「戦-IKUSA-」も

夜の部の、交流親睦会も


楽しみすぎて

お腹がいたくなってしまう。


さあ、40代のはじまりは

スターマインで

華々しくいこう。




堀と俊男と、やさい家めいと。




先日、東京の夜は

昨年亡くなった大木を偲ぶ会@東京。


正月に益田に帰れなかった、

元チームメイトの堀と俊男と

会う予定にしていたのですが


待合せ場所が、五反田ということもあり

ちょいと初美店長にご挨拶をば、と


やさい家めい五反田店さんに

立ち寄ってみた。






めいさんに乙女はないのですが

王子、王子と呼んでいただいて


ほんでもって

高知の仲間の、お野菜や果実を

とても大切にしてくれてて


すごく愛を感じる。


店内には、牛の恵みの

眞嶋さんの写真が飾ってあったり

おもむろに、西森さんの文旦があったり






いいお店だなーって

いつも思ってて

ご紹介していただいた有加さんには

ほんとに感謝してます。





まきぽんも、あんがとねー。






で、大木を偲ぶ会。

俊男と堀と2時間くらいの

懐かしい時間を堪能して


仲間っていい。

いいなーって。

再認識。


あたりまえだ。

仲間なんだから。


かけがえのない時間。

これからも、少しずつでも

積み上げていけたら


離れていても

さみしくないよなーって

またがんばれるよなーって


思えた東京の

とある夜なのでした。

おぎまんじゅう。




あのスポーツ羊羹の生みの親、

おぎまんじゅうから、

夕方、久しぶりに連絡がありました。


おぎまんじゅう、は大学の同期で

いまは某食品メーカーの

開発部門でがんばってる。


三重県在住、おぎまんじゅう。


「おーヒロひさしぶり。

すまんけど、いまから

馬路村いってくんねーかな」


と、あいかわらず頭がおかしい。


話の内容が意味不明なので

そうそうに電話をきるものの


「なんできるんだよ~」

と、すぐかかってくるあたり

おぎまんじゅうらしくて

とても良い。







Home > 友人

Page Top